オフィシャルサイトはこちらから

尾家産業の「役立つレシピ」と「プライベートブランド商品」のご案内

OIE オンラインショップ

2月の行事食

節分とは、「鬼を追い払って新年を迎える、立春の前日行事」です。
2021年の節分は2月2日!37年ぶりに日付が変動するようです!
節分といったら“豆まき”や“柊鰯(ひいらぎいわし)”!!
そんな節分にぴったりな豆や鰯を使用した献立をご紹介します。

2月14日はバレンタインデー。世界各地で”カップルの愛の誓いの日”とされています。
そんなバレンタインデーにぴったりな可愛らしいバレンタイン献立をご紹介いたします。

2月14日はバレンタインデー。恋人や友人など、大切な人へ贈り物をするという習慣が広がっていますよね。今月はそんなバレンタインデーにぴったりな献立をご紹介いたします。

節分とは、各季節の始まりの日の前日のことをいい、”季節を分ける”ことも意味しています。
江戸時代以降は、特に立春の前日を指す場合が多く、季節の変わり目には邪気が生じると考えられていることから、
それを追い払うために節分の行事が行われているそうです。

2月の行事食「節分の日献立」②
2月の行事食「節分の日献立」②
2月の行事食「節分の日献立」②

2月3日は節分。節分と言えば、巻き寿司や大豆が思い浮かびますね。ご高齢の方にも楽しんで頂ける 巻き寿司やそうめんをメインにおやつには豆を楽しむ 節分の献立に仕上げました。2016年の恵方は、南南東の方角になります。恵方(えほう)とは十干(じっかん)により、その年の幸運を招く方角のこと。歳徳神(としとくしん)のつかさどる方角とされています。節分の献立を楽しみ、福を呼び込みしょう!

2月行事食「節分の日献立」
2月行事食「節分の日献立」
2月行事食「節分の日献立」

節分という言葉は「季節の変わり目」という意味が含まれています。本来は春・夏・秋・冬どの季節にも節分はあるのですが、春が始まる(立春)の前日、新しい1年が始まる前日に
「これから始まる新しい1年が、不幸や災いがない1年になりますように」との願いを込めて、1年に1度、節分をこの時期に行うそうです。

トップに戻る